墓石には、「和型」「洋型」「デザイン型」があり、それぞれ異なった特徴やメリットがあります。

異なるデザインの墓石とそれぞれの特徴

墓石のデザインには、「和型」、「洋型」、そして「デザイン型」の3つのデザインが、現在の主流であり、それぞれ異なった特徴をもっています。

和型の墓石は、江戸時代から使用されている伝統的な墓石のデザインで、幅広い年齢層に受け入れられていることから、墓地で最も多く見る型となっています。

敷石を置いた4段、または置かない3段がありますが、共に直線のデザインで背が高いことが特徴の墓石です。

高さがあることから、見た目が立派で、格調が高いという印象を受ける人が多いようです。

また、伝統的であるゆえ、流行に左右されず、デザインにあきがこないというのもメリットの1つです。

民営の霊園、芝生墓地、ガーデニング霊園の風景とマッチするという理由で登場したのが、見た目がモダンな洋型の墓石です。

幅が広い為、洋碑とも呼ばれている洋型の墓石は、和型とは逆に、高さがないことから、掃除がしやすいというのが一番のメリットと言われています。

また、この型はイラスト彫刻との相性もいいことから、お墓であるにもかかわらず、おしゃれな雰囲気が出せること、そして、狭いスペースと少ない墓石量で建墓できること等の理由で、首都圏では、洋型を選ぶ人が増えつつあるのが現状です。

最後のデザイン型の墓石は、洋型と似ているデザインのものも見かけますが、より自由でオリジナルなデザインのものが多く、世界に1つだけの墓石となります。

家族の故人への想いや、故人が生前に好んでいたものが、デザインの元となる場合が多いようです。

墓石に関する詳しい情報Pickup ⇒墓石の存在価値


Theme by Ali Han | Copyright 2014 墓石ライブラリー | Powered by WordPress